海外プリペイドカードのおすすめ比較

マネパカード

私が実際に使っている2枚の海外プリペイドカード、
「マネパカード」と「キャッシュパスポート」を比較します。

使っている理由は特徴にある「最安値」と「ポイント」です。
審査がないのでクレジットカードを作れない方にもおすすめだと思います。

 マネパカードキャッシュパスポート
特徴海外ショッピングが日本最安
日本円に再両替手数料0円
Tポイントが貯まる
スペアカード発行可能
年会費0円0円
審査なしなし
利用開始1週間程度1週間程度
安心東証一部上場企業24時間365日のサービス対応
ブランドマスターカードマスターカード
おすすめ手数料最安値Tポイントがお得
公式サイトマネパカードキャッシュパスポート

海外プリペイドカードは海外旅行はもちろん、
海外投資での利便性もとても高いと感じています。

海外積立では毎月の支払いで「クレジットカード」を使うことが一般的です。
(銀行の海外送金手数料が高いので)

クレジットカードですので引き落としの銀行口座には、
毎月利用ごとに履歴(支払い先を含めて)が残ります。

ここで海外投資もきちんと納税する気がある人は良いですが、
中には海外だから「納税を逃れられるのでは?」と考える人もいます。

結論は「日本国籍なら海外投資の利益の課税対象」なのですが、
それでも運用がバレるのが怖い方の場合は、
海外プリペイドカードによって足跡を残しにくくすることもできます。

例えばマネパカードは東証一部上場企業グループの、
株式会社マネーパートナーズが運営しています。

マネーパートナーズは「FX」の会社です。
実際の入金方法は以下です。

1.マネーパートナーズへ銀行口座から入金する
2.マネーパートナーズからマネパカードへ振替する
3.マネパカードへ外貨をチャージ
4.マネパカードから運用先へ支払い

この流れですのでもし「マネーパートナーズへの入金は何ですか」
と聞かれたら以下の対応ができます。

「日本で外貨積立またはFX取引をしている」

要は銀行口座へは「運用先の名前」が載らないことになります。

そして最悪マネパカードを一旦解約すれば、
マネパカード側の支払い履歴は消滅するので一旦足跡は途絶えます。

こういったお金の流れの違いで、
クレジットカードよりは支払い先までの足跡がつきにくいと思います。

とはいえ本来の目的は、

「外貨支払いをより安くお得に便利にする」

ことだと思いますので海外旅行ではもちろん、
海外投資の支払いでもあると便利な1枚になっています。